【読書】シェアに挑む新華書店、図書館に変身

人民網日文版人民網日本語版2017-07-20 05:37:44

 シェア自転車、シェア雨傘、シェアベッド、シェア書籍といった「シェアリングエコノミー」の波が、出版業界にも押し寄せている。第3者決済サービス「支付寶(アリペイ)」は今年上半期、全國5都市で借りる本を配送し、書籍をシェアするサービスを開始した。ハルビンで始まったシェアリングプラットフォーム「借書人」も全國向けに新書と蔵書のシェアサービスを提供している。

合肥新華書店三孝口店(寫真は同店が提供)

これまでは想像もつかなかったことだが、「シェア」の理念が書店を図書館のように変えつつある。安徽省合肥市新華書店三孝口店は、「シェア書店」という経営モデルをスタートさせた。

この「世界初のシェア書店」と呼ばれる同店は、16日に延べ2萬人の利用客を迎え、同店の最高記録を更新した。徐店長は、「同日、書籍4000冊ほどが貸し出されており、1人平均2冊借りたとして、このシェア活動に2000人ほどが參加したことになる」と話した。

貸出サービスの手続きをする

本を読みたい人は、同店を訪れて、「智慧書房」アプリをダウンロードし、オンラインで99元(1元は約16.56円)のデポジットを支払うだけで、1度に150元以上の本を2冊借りることができる。返卻期限は10日間以內。読者はアプリ內で自分の蔵書を公開し、本の評価を記録し、本を通じて交友の輪を広げることができる。

徐店長は、「店內のすべての本がシェアサービス対象となっており、返卻された書籍は販売もしくは再びシェアされることになる。破損があれば割引して販売するか寄贈する。また、出版社と交渉して返品する可能性もある」と述べた。

シェア書店のマーク

徐店長は、「本をシェアしようと思ったのは、読書の費用を抑え、そのハードルを下げ、読書の習慣をつけてもらうためだ。一部の保護者は子供のために多くの書籍を購入するが、子供の成長と共にそれらの書籍は必要となくなり、無駄になってしまう。また若者が購入するようなベストセラー本を読むのはせいぜい1度で、読み終わってしまえばこれも無駄になってしまう。こうした理由を拠り所として、安徽新華発行集団はシェア書店のモデルを採用し、図書資源の有効活用を促進し、かつ返卻期限を設けることで積極的な読書を促すことを決定した」と説明した。

混雑する店內(7月16日)

徐店長は、本のシェアや貸出により販売に影響は出るかという質問に対しては、「その可能性はあるが、本の貸出サービスは書店の24時間営業モデルに似たような性質を持つ。いずれも書店が自らの力を盡くし、利用者の利便性を出來る限り高めようとしている。また貸出サービスを通じて、利用者を店に集めようという狙いもある。當店の経営面積は4000平方メートルで、8階建てのエリアには本やカフェなど各種経営業態を集めている。貸出サービスにより利用客が増え、その他の業態の売上が増えるかもしれない」と述べた。

書店のレイアウト

 「シェア書店」モデルが最終的に消費者から認められれば、安徽新華発行集団はその他の店でも同じ経営モデルを採用する可能性がある。そのため、今後の展開はこれからの利用者たちの反応次第ということになるだろう。

おススメ

  

【ビッグデータ】データでみる中國人女性の暮らしぶり

【話題】日本が「低慾望社會」に 東京で現狀を取材

ベストセラー作家・東野圭吾 かつては「冬の時代」も


本微信號內容均為人民網日文版獨家稿件,轉載請標註出處。

閱讀原文

TAGS: